音声入力は Dropbox Paper を 経由してスマホから行うのが便利だという理由を挙げてみる

音声入力にこだわるわけ

指の関節の炎症が悪化してきまして、キーボード入力がちょっと苦痛な今日この頃ですが、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。(なんだこの文章、、)

ということで、やむにやまれず、ブログを更新するために、パソコンでの音声入力を本格的に試す必要が生じてきたのでした。

音声入力の方法あれこれ

音声入力にはいくつかの方法がありますが、私が行った方法は以下のものです。

Windows音声認識

ずっとWindowsをつかってきたのですが、正直今まで使ったことがありませんでした。

これは音声入力だけでなく、アプリの起動などWindowsの操作をいろいろできるすぐれものです。

ですが、なんとも認識の精度がよろしくない。ちょっとストレスがかかりすぎです。

Google音声入力

Google音声入力は、その精度のよさで評判がいいです。

そこでAmzonで評判のいい(最近あてにならないことが多くなってきた感もありますが)マイクを購入して、このブログの最初の記事を書いてみました。

ですが、意外なことに、思ったほどに変換精度がよろしくなく(ただWindows音声認識よりはずっといいのですが)、変換自体にも時間がかかりました。これどういうことなんでしょうね。

結構期待していたんですが。音声入力にはGoogle Chrome上でGoogleドキュメントを使うことが必須という制限(実はGoogleスライドのノート部分でも音声入力可能)もあって、さらに他の手を検討する必要が出てきました。

Dropbox Paper経由でスマホから入力

パソコンでの音声入力があれっと思ったのは、Androidスマホの音声入力がスピード・精度ともに抜群だったからで、スマホをマイク代わりにして入力するのがいいかなと思った次第。

某女史ご推薦アプリは検討することもなく、Dropbox Paperに満足してしまいました。

EvernoteとSimplenoteもスマホとパソコンにアプリがあったので試したのですが、Dropbox Paperが圧倒的に使い勝手が良かったと言えます。

以下にその理由を書きます。

Dropbox Paper使う利点

Dropbox PaperはDropboxが提供するクラウド利用のメモ共有システムで、たとえばスマホとパソコンで同じファイルを同時編集できます。

特徴その1:ストレスがない

スマホとパソコンで同じファイルを同時編集した場合、片方で変更が入ると即座にもう片方にも変更が反映されます。

これが軽くてストレスフリーなのが大きな利点と言えます。

つまり、スマホでDropbox Paperに音声入力すればそれが即座にパソコンにも反映されます。

しかも、変換違いや句読点・改行をパソコン側で入力すればそれがスマホ側にも即座に反映されるのです。

ちなみにSimplenoteも同様に軽い動作が特徴で、Evernoteはほどほどに時間がかかります。(ただしEvernoteは完全な同時刻編集の場合の対応がさすがです)

変換違いや句読点・改行をパソコン側で入力すればそれがスマホ側にも即座に反映されるのです。

ちなみにSimplenoteも同様に軽い動作が特徴で、Evernoteはほどほどに時間がかかります。(ただしEvernoteは完全な同時刻編集の場合の対応がさすがです)

特徴その2:音声入力しながらスマホ上で改行できる

スマホで入力したものをパソコン上から訂正できるとは言え、スマホ上で改行できるのは大きいです。

Google音声入力では改行などの入力コマンドがないので(対応している言語おあるようですが)、これは助かります。

改行の方法が用意されているわけではないのですが、変換した時に次の行を押さえると改行できます。

特徴その3:音声入力しながら書式設定できる

音声入力しながら画面をタッチして書式を設定できるのは助かります。特に見出しを瞬間で設定できるのはとても便利。

しかも、入力した文章をWordPressの編集画面にコピペすると、書式がそのまま反映されてしまいます。

まとめ

スマホのマイクって感度がいいので、テーブルにおいたまま、手でキーボードを操作できるので、新しくマイク買わなくても良かったかなあと考えることしきりです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる