VBScriptを使う時にパソコンに入れておきたい便利なツール

ファイルのコピー・移動・削除やWord・Excelの操作などはVBScriptだけでできるのですが、動画変換や画像処理などになるとさすがに他のツールの力を借りる必要が出てきます。

そこで、これがあると便利というツールを絞って紹介しておきます。

クリップボードの読み書きやブラウザの操作ならAutoIt

VBScriptの苦手なクリップボードの読み書きにAutoIt(正確にはAutoItXを)インストールしておくと便利です。

パソコン(Windows)で実行中のソフトのウィンドウを操作する時にも便利なので、たとえばFirefoxやChromeなどのブラウザで開いているサイトのURLやタイトルをVBScriptで取得したりすることができます。

画像処理はImageMagickを操作

私はImageMagickの膨大な機能のごく一部しか使ってないのですが、画像形式を他のものに変換したり、画像を縮小したり、画像にフレームをつけたりする時に重宝しています。

大量の画像ファイルをまとめて処理したい時は、なくてはなりません。

https://www.imagemagick.org/script/download.php#windows

動画変換ならFFmpeg

最近拡張子がwebmだったりmkvだったりする動画ファイルを見かけるようになり、そういったファイルをmp4形式に変換したり、動画ファイルを切り取ったり結合したり、動画ファイルからGIFファイルを作ったり、動画ファイルから音声部分を抽出したり、かなりいろいろな用途重宝しています。

パラメータの設定が面倒だったり、大量の動画ファイルをまとめて処理したいときは、VBScriptからFFmpegを呼び出して自動化した方がかなり便利です。

https://ffmpeg.zeranoe.com/builds/

VBScriptを編集するテキストエディタにMery

VBScript自体は.vbs(や.wsf)の拡張子を持ったテキストファイルです。

なので、VBScriptの作成・編集はWindows標準のメモ帳でもできるのですが、VBScriptを色分けして表示したり、そのまま実行したりする時に便利なテキストエディタがMeryです。

Meryにはマクロ機能もあり、そのマクロがVBScriptで作れてしまうあたり、重宝していますよ。

https://www.haijin-boys.com/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

なお、Meryの他、有料のEmEditorもマクロをVBScriptで記述・実行できます。

まとめ

他にも、例えばActivePythonをインストールしておくと、なんとPythonの機能をVBScriptから呼び出すことができたりもします。(私はこの機能でtwitterに投稿したりすることもあります)

これらのツールを使った具体的なVBScriptの例を順次アップしていきますので、今後ともよろしくです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる